上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF検定が巻末に載っていて、それに全問正解して応募すると、
DDFFのオリジナルUMDケースが当たります!
(でも20名様限定・・・)

DSC04505.jpg

■リプレイ機能
・カメラアングル変更や不要部分の削除、コマ送り、編集が可能。
・AVI形式で動画ファイルに変換可能。(ニコ動にバンバンうpされそうw)
・JPEG形式で静止画をメモリースティックに保存し、PCでの閲覧も可能。
(じゃあ、ブログに自分のプレイ静止画UPしても公式にOKってことですかね?)

■各キャラクターによって、HP攻撃時の技名のウィンドウは原作通りに表示される。
→1,2,3あたりはさすがにファミコン時代程のドットの粗さは無いが、懐かしいフォント体ですw

■たまねぎEXモードは忍者コスと賢者コス。萌え!

■ある程度すすめていくと、RPGらしくコマンド入力による「コマンドプレイ」も可能。
→オバチャン的にはこっちが嬉しい。

■インストール画面はFFVのオープニングにそっくりらしい。

■「フレンドカード」に設定できるプレイヤー・アイコンは250種類以上もあるそうです。
関連記事


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2016 棺桶にはプレイアーツを入れてくれ, All rights reserved.
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。