上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

To all fans
今回は時間がなくて、ちょっと遅くなりました~

FF-Reunion様いつもありがとう☆
そしてAaronよ、君に最大の賛辞をおくります。ありがとう!

Notice; When you bring it out to overseas forum, please mention my blog.

FFXIII Episode Zero -Promise-
原案: 鳥山 求 & 渡辺 大祐   著者: 映島 巡


以下、ネタバレなので Read moreよりご覧ください



//++ ----------------------------------------------------Start
Final Fantasy XIII Episode Zero -Promise-
"Friends"

Chapter 1
Hope Estheimが宿で母親といるシーン。
彼の父から母へ電話がかかってきた。

It's a scene where Hope Estheim is in the house with his mom. His mom received a phone call from his dad.

Hopeの家族3人で旅行する予定だったが、父親は聖府(Sanctum)との仕事が忙しくて一緒に参加できなかった。
その理由は、3日前に峡谷(canyon)のエネルギー・プラントで大きな事故があったためだ。

Although there was a plan for Hope's family of 3 to go on a trip, His dad was busy with work in the sanctum so he couldn't go together. The reason is that there was a big accident that occurred in the canyon's energy plant 3 days ago.

※Note:
ファルシ(Fal'Cie)は峡谷の修繕を行い、それが終わると安全であることを人々に伝えるようだ。
また、ファルシはコクーンの食料生産の管理も行っている。

Note:
Fal'Cie went to rebuild the canyon, and plans to tell people that it's safe after it's finished. Fal'Cie also went to organize Cocoon's food supply.


Chapter 2
Hope達は観光地であるエウリーデ峡谷へ向かった。
その峡谷では、エネルギープラントとそれを管理するファルシ・クジャタを目の前で見学することができる。

Hope and his companions went to a sightseeing spot Euriide canyon. In the canyon, they can study the energy plant and the Fal'Cie Crusader which looks after the plant.

しかし、その日は事故の後なので、PSICOMの兵士がたくさんいた。

But since that day was just after the accident, there were many PSICOM soldiers there.

Hopeは昔、学校の見学会で、友人と一緒にサンレス水郷に来た時のことを思い出した。
Hopeにはカイという友達がいた、彼の将来の夢は飛空挺乗りだった。
(もう一人の友人はエリダという女の子だった)

Hope remembered the time when he came to Sunles riverside district with his friends in the past school excursions. Hope had a friend called Kai, his dream was to fly in an airship. (The other friend was a girl called Erida)


コクーンのサンレス水郷は自然環境保全地域がある。
そこへの立ち入りは、年に数回しか許されていない。

Cocoon's Sunles riverside district is a environmentally protected city.
There's only a few times in a year that people are allowed to enter it.


Chapte 3
Hopeが水郷の見学会で飛空挺に乗った時の回想シーン。

This is a scene where Hope flied in the airship on his excursion to the riverside district.

※彼の友人カイには弟「ハル」がいる。
※コクーンの天気は、ファルシが管理している。

*His friend Kai had a little brother called Haru.
Cocoon's wheather is monitored by Fal'Cie.

自然公園の見学会の途中で、カイがカメラを落としてしまったので、ホープ達3人はカメラを探しに行く約束をした。

On the way to the excursion to the nature park, because Kai dropped his camera, Hope and 2 others promised to to find the camera.

//++ -------------Translation by Aaron and Alloc.-----------------End


※固有名詞は任意で変換させていただきました。
※誤字脱字、誤訳は多々あるかと思いますが、概要としてご覧ください。

■感想&備考(訳せたら訳してみてね)■
ホープ君は思春期なので、父親と対立しているようです。
TGS2009の映像の中で、彼が父親からこう言われるシーン

父「何を言ってるんだ、お前の家はここだ!」

この小説を読んだ後だと、父親のこの言葉がホープにとって思いがけないものだったに違いない。
父親が家庭を顧みないことに彼は不満を持っていた。
けれど、親というものはいつだって子供を愛していて、心配をしてくれているものです。

さて、とうとう定番の飛空挺乗り”シド”にあたる人物が登場しました。
”カイ”がおそらくそれにあたるでしょう。

謎となるメインキャラはほぼ出そろった感じかしら?
関連記事


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2016 棺桶にはプレイアーツを入れてくれ, All rights reserved.
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。