上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

To all fans
ということで、第4弾。(正直つらくなってきたw)


今回はとても短い回想録だったので、余分なとこを省き、
後々、物語のヒントになりそうな部分だけをまとめました。

Aaronに英語を訂正してもらいました。THX, Aaron!

■前回のpart 3は HERE
リンクありがとうございました、FF-Reunion様☆)

FFXIII Episode Zero -Promise-
原案: 鳥山 求 & 渡辺 大祐   著者: 映島 巡
Notice; When you bring it out to overseas forum, please mention my blog.

以下、ネタバレなので Read moreよりご覧ください


//++ ----------------------------------------------------Start
[FINAL FANTASY XIII Episode Zero -Promise-]
Episode 3

Chapter04
カメラを探しに行ったホープ達3人は途中で迷子になった。
Hope and two friends who went to look for Kai's camera were lost on the way.

彼らは降雨装置がある場所に辿りついた。
They arrived at the place where there was a device that makes rain.

その装置を起動すると、公園内に雨が降ってきた。
When Erida started the device, it started raining in the park.

雨を好む魔物に襲われそうになるが、誰かがそれを遠隔で止めてくれた。(係員か、ファルシが操作してくれたのかは不明)
Although it looks like they were going to be attacked by some monster that likes the rain, someone stopped the rain from a far distance. (It's unknown whether it was due to Fal'cie's control or the park's staff that stopped the rain.)

結局カメラは係員によって発見され、ホープ達は飛空挺で帰って行った。
In the end, the camera was discovered by the staff, and Hope returned by the airship.
(この時に撮影した写真が、カイとハルとの最後の一枚になった。)
(The photograph that was taken that time was the last photo he took with Kai and Hal.)


Chapter05
帰りの飛空挺の操縦士はサッズだった。
The pilot of airship was Sazh.

その当時、少し前に息子(ドッジ)が生まれたばかりだった。
His son was just born a while ago.


そして、六年前のホープの回想から、再び現在のホープとその母親の場面に戻る。
And, after Hope's memories from six years ago, the scene returned to the present with Hope and his mother again.

彼は相変わらず、父親が一緒に旅行に来てくれなかったことを不満に思っていた。
As usual, he was dissapointed that hid dad couldn't come to the trip together.

そしてエネルギープラントの観光を終え、母とボーダムへ戻る。
After he finished visiting the energy plant, he returned to Baudam with his mother.

彼はパルムポルムへ戻ったら、3年ぶりに仲間達に会ってみようと考えた。
After he returned to ParumuPorumu, he thought that he should meet his friends since they haven't met in three years already.

//++ -------------Translation by Aaron and Alloc.-----------------End


※固有名詞は任意で変換させていただきました。
※誤字脱字、誤訳は多々あるかと思いますが、概要としてご覧ください。

■感想&備考■
飛空挺の操縦士はサッズだったんかい!
カイ君はホープと同い年だとすると、14歳だね・・・シドではないのかも?!
カイが死ぬのか、弟のハルが死ぬのか・・・意味深な言葉がありましたね~。

この小説は音声付でリリースされるそうですね!
(っていうか、早く英語版をリリースしてください・・・orz)
関連記事


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2016 棺桶にはプレイアーツを入れてくれ, All rights reserved.
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。